プランター野菜の何でもランキング

 

漬け菜ランキング

 

だいこんは葉と根は別物で消化酵素が豊富に含まれる根とミネラルやビタミン類が豊富な葉も栄養価の高い野菜です。

 

通常の青首大根は種まきから収穫までの日数は約2か月ですが、葉大根ではその半分程度で収穫できるので管理が楽です。

 

葉だいこんは炒め物や鍋物、浅漬けなど様々な料理に使いやすいので、葉の付いた大根葉捨てずに使いましょう。

 

漬け菜ランキング

 

三池高菜
三池高菜

深型プランターで大株に育て天日に干して水分を取り除いてから漬け込む。

 

マスタード系の清々しい香りとツンと来る辛みが秋〜春にしか味わえない新高菜の魅力。

 

葉だいこん
葉だいこん

道の駅などの産直店で秋まきの間引いた葉だいこんが安価で販売される。

 

良く水洗いして土が付着した葉元部は取り除き、5cm幅で刻んで生で漬け込む。

野沢菜
野沢菜

もともとはかぶの品種として育成された野沢菜だがかぶと同様に葉がおいしい。

 

葉が薄いので葉元部は5cm、葉先部は10cm幅くらいで刻んで漬け込む。

 

サラダ野菜ランキング

 

サラダほうれんそう

 

サラダに使う野菜は青臭みが少なく苦みがないこと、甘みや辛みがあり赤などの彩りも含めてお勧めの野菜を紹介します。

 

食感はシャキシャキ感のあるみずみずしい野菜で繊維質が少なく食べやすい野菜を選んでみました。

 

サラダ用の野菜は肥料が多いと青臭みや苦みが強くなるので育てる場合は肥料を与えすぎないことが大事です。

 

サラダほうれんそう
サラダほうれんそう

ベビーリーフにも使われている赤茎のほうれんそうはアクが少なく、茎のポリポリとした食感がくせになる。水分が多いので収穫後は早めに食べる。

サラダからし菜
サラダからし菜

マイルドな辛みで他の野菜との相性もよい。肉厚な葉は繊維質が強くないので食べやすい。ゴマに似た風味がある。

サラダ春菊
サラダ春菊

マイルドな香りで春菊は苦手な方にもおすすめ。サラダはもちろん鍋にも使えるので便利。大きくなると繊維質が強くなるので生食は20〜25cmくらいのサイズのものが良い。

 

ミニトマトのランキング

 

ミニトマト

 

トマトの品種は糖度の高いものだけでなく、赤以外の黄緑や緑、オレンジなど多彩で、リコピンやβーカロテンの含量が高いものもあります。

 

ミニトマトは15〜30g程度のサイズが一般的ですが、10g以下の小型でも鈴なりに実が付く品種が人気です。

 

ミニトマトは受粉してくれる昆虫がいない場合は人工的に受粉しないと結実しないので、房を1日数回弾くことを数日繰り返します。

 

着果した果実は粒を揃えるために1房当たりの個数を8〜10個に摘果することで上位節の開花の促進にもつながります。

 

千果

果実の大きさが15〜25gでミニトマトの中では大きい品種。糖度は高くて甘く鈴なりにみが付く。オレンジの品種は酸味が少なくベーターカロテンが多い。

イエローミミ

果実の大きさは7〜15gとミニトマトの中では小粒の品種。糖度は高いが酸味が少ないのが特徴。花房の間隔が長いので長期間栽培できる。

プレミアムルビー

果実の大きさが15g前後とミニトマトとしては中粒の品種。糖度が高く実付きが良いので鈴なりになる。

 

 

 

野菜ランキング記事一覧

漬け菜ランキング漬け菜は辛みのあるからし菜系、結球しない白菜系、かぶとして栽培されていたかぶ系、油を取るために栽培されていたなたね系があります。日本三大漬け菜で分類してみると、野沢菜はかぶ系、広島菜は白菜系、三池高菜はからし菜系という具合に分けられます。高菜系は九州や四国、ハクサイ系は関西や関東、かぶ系は長野や山梨、なたね系は京都や奈良などで