自家製コーレーグース

 

 

島とうがらしは鷹の爪に比べると長さが3分の1くらいの大きさしかありませんが、フルーティな香りが楽しめるお勧めの香辛料です。

 

栽培期間は種まきから収穫まで7か月以上かかりますが、実が熟していくと緑から黄色やオレンジ、赤へ変化する時期が紅葉の時期と重なり、見た目も楽しめます。

 

収穫した島とうがらしは乾燥しないで直接泡盛に漬け込むことでフルーティな香りのコーレーグースが出来上がります。

 

 

島とうがらしの代わりに、黄とうがらしや鷹の爪も泡盛に漬け込んでみましたが、島とうがらしのようなフルーティな香りのあるものはできません。

 

 

コーレーグースは豚骨スープとの相性が非常に良いので、沖縄そばやソーキ汁、豚汁、豚骨ラーメンなどにお勧めです。

 

 

沖縄そばのだしはサン食品から販売されている粉末だしがお勧めで、1食30円程度と安価で保存性も高く小分けされているので非常に便利です。

 

沖縄そばの麺は強力粉100gに対して40%の加水率(炭酸ソーダ2%、食塩2%を含む)で作ると丁度よい面の固さに仕上がります。

 

 

豚骨ラーメンは様々なインスタントラーメンがありますが、お勧めはサンポー食品の長浜ナンバーワンというとろみのある白濁系スープが特徴の棒ラーメンです。

 

 

麺は30秒〜40秒で固めにゆで、葉ねぎ、もやし、紅ショウガ、すりごまをトッピングして、最後にコーレーグースを振りかけると出来上がりです。