野菜のプランター栽培>

 

 

プランターで野菜を上手に育てるポイントは野菜に応じたプランター選びと病害の発生が少なくて根が良く伸びる培養土選びです。

 

プランターの大きさは野菜の種類に応じて、深さ15cm程度の浅型プランター、深さ20cm程度の中深プランター、深さ25cm以上の深型プランターを選ぶ必要があります。

 

野菜は株の大きさや種類によって、根の張り具合が変わるので、根の少ない野菜や小さい株で収穫する場合は浅型のプランターで十分育てることができます。

 

一方、キャベツや白菜などの大型の葉菜やほうれん草、春菊などの根が深く伸びる葉菜は深型プランターが必要になります。

 

深型プランターの容量は40リットルくらいですが、ホームセンターで販売されている漬物用の容器などを改良すれば100リットル以上の容量も確保できます。

 

培養土は細根が良く伸びる団粒構造を持つもので、土壌中に病害の原因となるカビ(糸状菌)が少ないものを選ぶ必要があります。

 

団粒構造のある土壌はふわふわとした触感があり、通気性と保水性を併せ持つので根が伸びるのに快適なのです。

 

培養土に潜む病原菌は培養土に配合された土(赤玉土・黒土)や有機物(ヤシガラなど)が原因で野菜の根から感染するものがほとんどです。

 

過去に使用した培養土の価格や根量、病害発生状況については培養土選びのページで紹介していますので、培養土を購入する際は参考にしてください。

 

あ行

えだまめ えんどう おくら

 

か行

かぶ からしな きゃべつ
きゅうり ごぼう こまつな

 

さ行

しゅんぎく ししとう すいか

 

た行

だいこん たまねぎ たかな
とうもろこし とまと とうがらし

 

な行

なす 長ねぎ にら
にんじん にがうり ***

 

は行

はくさい 葉ねぎ ピーマン
ブロッコリー ヘチマ ほうれんそう

 

ま行

みつば みずな らっかせい

野菜のプランター栽培記事一覧

えだまめの育て方えだまめは大豆の若い子実を早取りして収穫したもので、山形のだだちゃ豆や新潟の茶豆、丹波の黒豆などが伝統野菜として知られています。市販されているえだまめは茶豆系と黒豆系があり、茶豆系は風味と甘み、黒豆系は黒豆のコクと風味が楽しめます。露地栽培では種まき後の鳥害、開花後のカメムシによる虫害を受けやすいので、防虫ネットを活用した方が良いでしょう。栽培データ□:種まき ■:収穫月暖 地中間...

エンドウの育て方エンドウは若いさやを食べる「さやえんどう」、実を食べる「実えんどう」、両方が食べられる「スナップえんどう」などの品種があります。エンドウは花芽が付くのに低温が必要な冬越し野菜のひとつで、晩秋に種をまきして冬越しすることで花芽がたくさん付くようになります。種まきは早すぎると成長しすぎて耐寒性が落ちるので、草丈が20cmくらいで冬越しするように10〜11月にかけて遅まきします。さやえん...

オクラの育て方オクラはアフリカ原産の植物で暑さには強い反面、低温に非常に敏感なので最低気温が15℃以上になってから定植します。また、オクラは乾燥には強い反面、過湿には弱く水の与えすぎは根を痛めやすいので、表面の土が乾いてからたっぷりと水やりします。肥料は液肥を1000〜1500倍に薄めて2週間に1回程度、潅水代わりに施します。実の成長は早く開花から1週間ほどで取りごろになるので、収穫遅れで固くなら...

かぶの育て方かぶは春の七草で「すずな」として知られている寒さに強い野菜で各地に固有の品種が多数あります。小かぶは栽培日数が30日ほどで収穫できる初心者向きの品種で、根張りが少ないので浅い汎用プランターでも楽しむことができます。栽培は春まきと秋まきがありますが、秋まきは栽培日数が90日と長くなりますが、気温が低い時期に育てる秋まきの方が甘みが強いのでお勧めです。かぶの葉は大根の葉と同様にカロテンを多...

からし菜の育て方からし菜は黒がらしとあぶら菜の自然交配で生まれた野菜で特有の辛みがあり、種子がからしの原料となっています。種類は葉からし菜類、高菜類、多肉性高菜類、茎用高菜類に分かれますが、肉厚の高菜類はタカナ類として取り扱われることもあります。葉からし菜は関東を中心に栽培されていますが、高菜類は関東以南の地域が多く、大葉高菜やかつお菜は九州を中心に栽培されています。葉からし菜には辛みの強い黄がら...

キャベツの育て方きゃべつは大きく分けると葉の巻きが緩くて柔らかい春キャベツ(春玉)と葉の巻きが強くずつしりと重い冬キャベツ(寒玉)があります。旬は産地で異なりますが春は千葉や神奈川産の春玉、夏〜秋は群馬や長野などの高原キャベツ、冬は愛知や千葉、神奈川の寒玉が主流となります。種まきは2〜3月頃と7〜8月頃が主流になりますが、4〜5月の春キャベツを収穫するには9〜10月頃にとう立ちしにくい春どり用の品...

きゅうりの育て方きゅうりはさわやかな香りとみずみずしいパリッとした歯ごたえが魅力の野菜ですが、ぬか漬けにすることでカリウムが3倍になり老廃物の排泄に効果があります。品種は表面にイボの少ない「白いぼきゅうり」と白イボの多い「四葉(スウヨウ)きゅうり」がありますが、流通している9割が白いぼきゅうりです。花は雄花と雌花が別々に咲く「雌雄異花同株(しゆういかどうしゅ)」なので、蜂などの昆虫がいなければ人工...

ごぼうの育て方中国では利尿作用のある薬草として知られていますが、食用としてごぼうを栽培しているのは日本と台湾だけと言われています。ごぼうは根が深く伸びるので、深く耕して柔らかくしないと根が割れて「又根」になりやすく、酸性土壌を嫌うので酸度矯正も必要になります。市販のプランターでは深さが足りませんが、簀の子を改良することで、深さ50cm以上のプランターが簡単に作れます。家庭菜園向きはミニごぼうという...

小松菜の育て方こまつなは漬け菜の一つで、東京の小松川地域で江戸時代から栽培されてきた在来種ですが関東の雑煮には欠かせない冬野菜の代表です。こまつなは発芽率が高く、種まきから1か月ほどで収穫できるので、耐寒性と耐暑性のある品種を選ぶことで周年栽培も可能です。鮮度が落ちやすいこまつなを長期間収穫するには2〜3週間くらいの間隔で種を「ずらしまき」することで連続して収穫を楽しむことができます。うぐいす菜と...

春菊の育て方冬の鍋には欠かせない春菊は大葉種、中葉種、小葉種に分かれますが、主流は中葉種で関東と関西では流通している品種が違います。関東では主枝を摘み取る中葉の「摘み取り種」が主流で、関西では伸びた側枝を株ごと収穫する大葉や中葉の「株張り種」が流通しています。関東では香りが強い中葉種が好まれ、九州や中国では香りの弱い大葉種の流通が多く、収穫量が少ない小葉種は一般的に流通していません。春菊は寒さに強...

ししとうがらしの育て方ししとうがらしはピーマンやとうがらしと同じ仲間で、ピーマンに比べると苦みが少なく、とうがらしに比べると辛みの少ない野菜です。栽培品種は改良ししとうがらし以外にも京野菜の「万願寺唐辛子」や「伏見甘長」、奈良の「ひもとうがらし」などの伝統野菜があります。栽培は初夏〜秋までと期間が長く病害虫にも強いので、上手に作れば1株から50〜60個も収穫できるようになります。生育適温は23〜3...

じゃがいもの育て方じゃがいもは寒冷地を除けば春植えと秋植えの2回が楽しめる家庭菜園で人気の高い初心者向きの野菜です。植え付けから収穫までの日数は約3か月で寒冷地では年に1作、暖地や中間地では2作栽培することができます。秋植えは残暑が残る時期のスタートで植え付けの期間が2週間程度と短く、霜が降りる時期までに収穫を終了するのが原則です。品種はホクホクした食感のある男爵系としっとりとした粘りのあるメーク...

スイカの育て方良く冷えたスイカは暑い夏の風物詩で、シャキッとした食感とさわやかな甘みが魅力の夏野菜の代表格です。プランターで栽培する場合は深さ25cm以上ので20リットルの容積に1株を目安に植えることで立派なスイカが育ちます。ポイントは人工授粉で、雌花が咲いている短い時間(1日くらい)に2個以上の雄花を受粉させることです。雌花が受粉に成功すると花は上向きから下向きに変わり、幼果の肥大が始まります。...

そらまめの育て方そらまめはエンドウと同じように低温に合うことで花芽が良くつくようになる野菜なので10月頃に種をまき冬越しをする必要があります。タネは「お羽黒」と呼ばれる黒い線状の部分を斜め下にして土に差し込み頂上部が少し出るくらいに土をかぶせます。株が成長すると沢山の分枝が伸びてくるので花芽の多い大きな枝を1株当たり5〜6本残して実が充実するように切除します。花が咲いたら枝先の先端を摘心しますが、...

タアサイの育て方タアサイはチンゲンサイと同じ人気のある中国野菜の一つでくせが少なく寒に合うことで甘みが増しておいしくなります。種まきは秋と春の2回で秋まきは株が横へ大きく広がるので大株で収穫できますが、春まきは横へ広がらずに上へ立ち上がるので小株で収穫します。秋まきは葉がロゼット状に20〜30cmくらいに広がってきたら収穫の目安で葉のしわが多いものほど甘みが増しているとされます。栽培データ□:定植...

ダイコンの育て方ダイコンは古代エジプトで栽培されていたといわれる最古の野菜の一つで、今では生産量や消費量が世界一とされています。種まきは春と秋の2回に分かれますが涼風な気候を好むので秋まきの冬どりが一般的でお勧めです。秋まきで冬越しして春に収穫する品種はとう立ちしにくい品種を選んで種を撒くようにしましょう。品種は「青首系」と「白首系」に分かれますが成長とともに地表に首がせり出す青首に比べると白首は...

玉ねぎの育て方玉ねぎは大きく肥大するために寒さが必要な冬越し野菜ですが、種まきの時期と定植する苗の大きさが栽培のポイントになります。種まきは9〜10月ですがまだ気温が高い時期なので、2〜3枚葉までは半日陰で育てないと日枯れや生育停滞してしまうので注意しましょう。また、種まきが早すぎると苗が大きくなりすぎるため、定植後の生育が旺盛となり葉鞘部が肥大する時期に芯ができておいしい玉ねぎができません。苗は...

高菜の育て方高菜はあぶら菜と黒からしが自然交配した「からし菜」の一つで、葉に特有の辛みと清々しい香りが特徴の漬け菜です。からし菜には葉からし菜、高菜(かつお菜)、多肉性高菜(三池高菜)、茎用高菜類(ザーサイ)などの多くの種類があります。高菜は漬け菜の中でも品種が多く広島菜や野沢菜とともに日本三大漬菜の一つになっている漬け菜で九州を中心に栽培されています。在来の品種にはゆでるとかつお節の香りがする「...

とうもろこしの育て方とうもろこしは昼と夜の寒暖差が大きい時期の早朝に収穫すると糖度の高いトウモロコシができることが知られています。暖地のとうもろこしは5月下旬〜6月にかけて出荷されていますが、糖度が高いのは夜間の気温が20度以下の涼しい時期までです。朝取りの糖度が高い理由は夜間に蓄えた糖が気温が高くなるまえに収穫することで糖の消費を抑えることができるからです。また、貯蔵するときは横に寝かせるのでは...

トマトの育て方トマトは家庭菜園でも人気の高い野菜ですが、プランターでも栽培しやすく、初心者でも簡単に育てることができます。品種は大玉、中玉、ミニがありますが、長期間収穫が楽しめるのは耐病性に優れたミニトマトで、わき芽を伸ばすことで収穫量も増やせます。種から苗を育てる場合は飲料用の保温ボトルで発芽させたものを簡易ビニールハウスで約2か月かけて3〜4月に定植します。定植に適した苗は花が咲いたもので、花...

とうがらしの育て方香辛料であるとうがらしは辛みのないピーマンやししとうがらしと同じ種で、辛みのある品種と辛みのない品種に分かれます。辛みのある品種は鷹の爪が有名ですが、小粒なピーマンのようで辛い「かぐらなんばん」や小粒で香りのよい沖縄の「島とうがらし」などがあります。辛みのない品種は万願寺唐辛子や伏見甘長などの京野菜で、香りを楽しむために葉をつくだ煮にしたりします。とうがらしは生育適温が23〜30...

なすの育て方なすは味にくせが少なく調理しやすく、生で良し、加熱してもよしでどんな味付けにも向く野菜で地方品種も170種以上あると言われています。高温多湿にも強く、更新剪定や追肥することで収穫期間が半年近くにもなり、1株で30〜40個も収穫できるようになります。株は主枝と側枝2本の3本仕立てにし、放任栽培ではなく収穫したら葉や茎を切り戻してわき芽を伸ばすことで収穫期間を長く楽しむことができます。1番...

長ねぎの育て方長ねぎは白い葉鞘部を土寄せを繰り返すことで長く育てる野菜で、九条ねぎ、下仁田ねぎ赤ねぎなどの地方品種もあります。葉ねぎは種まきから2〜3か月で収穫できますが、長ねぎは7〜8か月かかるので採り急がずじっくり育ててから収穫します。長ねぎの一般的な栽培法は春に種をまき、夏に苗を定植して、晩秋〜冬にかけて収穫します。群馬県の下仁田町を中心に栽培されている「下仁田ねぎ」は10月に種をまき、4月...

にらの育て方にらは一度植え付けると数年栽培が可能な野菜ですが、年数を重ねると葉の繊維質が多くなり固くなるので、株を更新する必要があります。種まきから2〜3年くらいは収穫できる野菜ですがお勧めの収穫時期は種まきから6か月〜1年くらいの柔らかい時期です。また、花芽がつく時期は葉が固くなるので、花茎ごと切り取って、柔らかい花茎は花にらとして楽しむことができます。にらの軟白栽培とはどんな栽培方法ですか軟白...

にんじんの育て方ニンジンは発芽に光が必要な光好性種子なので、覆土は1cm以内と薄くして表面が乾かないように不織布などで覆う必要があります。葉数が12〜25枚の時期は長日で低温になるととう立ちするので、ビニールで被覆して日中の気温をあげるととう立ちを回避できます。品種は金時ニンジンのように細長い東洋系と黒田5寸のように短くて太い西洋系に分かれますが、作りやすいのは西洋系で家庭菜園にお勧めです。ニンジ...

にがうりの育て方にがうりは夏の暑い時期の日よけとしてプランターでも栽培されることが多い野菜ですが、水分が不足すると実が大きくならないので水やりは大切です。本葉が7〜8枚になったら、親ずるを摘心して子ずるを伸ばしてネットに誘引して、あとは放任栽培で育てます。雌花は雄花が咲いたと日中の時間が短くなってきたころ(短日条件)に咲き始めますが、人工授粉しなくても実がつくようになります。栽培データ□:定植 ■...

ハクサイハクサイは鍋物や漬物に欠かせない冬の代表的な野菜で、霜に当てることで甘みを強くする「霜降り白菜」などの栽培法が行われている地域もあります。品種は結球型、半結球型(山東白菜)、不結球型(広島菜)がありますが、流通しているのは結球型が大部分を占めています。結球型はほとんどがF1品種ですが葉の内側がオレンジ色の品種や重さが1kgと使いきりサイズのミニハクサイなども人気があります。タキイ種苗の「お...

葉ねぎの育て方ねぎは薬味として欠かせない野菜ですが、生育が遅いので種から育てると収穫するまでに3か月以上かかります。発芽適温は15〜25℃なので3〜11月にかけて種まきできますが、気温の高い時期は発芽した苗が弱りやすいので直射日光を避けて育てます。葉ねぎはある程度の大きさになると香りが薄れてくる傾向にあるので、香りを楽しむには秋まきの春収穫がお勧めです。葉ねぎは葉を収穫するたびに葉鞘部が太くなりま...

ピーマンの育て方ピーマンはパプリカや一部のししとうがらしも含めて、果実が未熟なものは緑、熟すと赤やオレンジ、黄色などへに変化していきます。パプリカは通常のピーマンより果実の大きい大果種という品種で、肉厚で独特の苦みが少なくフルーツピーマンと呼ばれる品種が増えています。ピーマンには抗酸化作用でがんや老化を予防するビタミンエース(ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE)が豊富に含まれています。特にビタミン...

ブロッコリーの育て方頭頂部や側部の花蕾や花茎を食べるブロッコリーは栄養価の高い緑黄色野菜で20℃以下の低温が1か月以上続くと花芽分化が促進され花蕾の肥大が始まります。種まきは春まきと夏まきがありますが、花蕾が大きくなる前に低温にあうと蕾が大きくならないので、春まきは種まきの時期と品種選びが大切です。秋まきは頂花蕾を収穫した後もわき芽(側花蕾)を伸ばして、2週間に1回くらい追肥することで長く収穫を楽...

ヘチマの育て方ナーベラーは沖縄野菜の一つで若どりしたヘチマのことですが、油でいためることで青臭みがなくなり、もっちりした食感が味わえます。沖縄では「ナーベラーの味噌炒め」として食堂の定番メニューでもあり、人気のある沖縄野菜の代表です。ヘチマにはククルビタシンという苦み成分が含まれていて、多量に生産されたものは食中毒の原因になるので注意しましょう。グリーンカーテン用の品種は苦みが強いものもあるので、...

ほうれんそうの育て方ほうれんそうはビタミン類を豊富に含む緑黄色野菜で冷涼な気候を好みますが、酸性土壌を嫌うので苦土石灰で土壌の酸度矯正を行います。ほうれんそうが好む土壌の酸度は6.5〜7.0でpHを1.0上げるのに必要な苦土石灰量は1平方メートル当たり200gが必要になります。品種は葉の切れ込みが深い東洋種、葉が丸い西洋種、葉柄や葉脈が赤い赤茎種、東洋種と西洋種の交配種があります。食味はあくの素で...

みつばの育て方ミツバは日当たりが悪い場所でもよく育つ野菜で、日当たりが悪いベランダでも簡単に栽培できます。種子は光好性なので薄く覆土した状態で発芽まで種子を乾燥させないように小まめに水やりする必要があります。種子の発芽率はかなり低いので一晩水に浸したものを使い、気温の高い時期は乾燥しやすいので表面を不織布で覆います。ミツバはカロテンを多く含む緑黄色野菜でビタミンや鉄やカルシウムなどのミネラルも豊富...

水菜の育て方水菜は畝に水を引き入れて栽培されていたことから付いた名前で、京都では京菜と呼ばれている京野菜の一つです。小松菜と並んで周年栽培されている人気の野菜で、スーパーではサラダ用にも使えるくせのない品種が販売されています。品種は葉に切れ込みのある千筋水菜や葉の丸い壬生菜、千筋水菜よりさらに葉柄が細く葉柄の白いサラダ用水菜があります。市販されている水菜は水耕栽培で小さいうちに収穫されてものですが...

落花生の育て方落花生は黄色い花が咲き終わると受粉した子房柄が土の中へ潜り込みさやができる面白い野菜です。落花生は発芽適温が20〜30℃と高いので4〜5月ごろの種まきになりますが、土の中のさやが収穫できる大きさになるのは9月以降になります。収穫は開花してから80〜100日くらいかかりますが、下葉が黄色くなるのが目安で採り遅れると子房柄が切れやすくなるので注意しましょう。プランター栽培は600型プラン...

らっきょうの育て方初夏から収穫されて市場に出回るらっきょうは栽培期間が8か月以上と長い野菜ですがほとんど栽培の手間がかかりません。早春に市場に出回る関東のエシャロットや沖縄の島らっきょうは早取りしたもので風味がよく辛みが少ないので浅漬けなどがお勧めです。本来のエシャロットとは玉ねぎとにんにくを合わせたようなフランス料理に欠かせない香味野菜でらっきょうとは全く別物です。らっきょうには他の野菜には少な...